安心できる抗うつ剤ジェイゾロフト

うつ病克服のススメ

青空と鳩

うつへの効果的な対策とは

強いうつ状態や無気力、焦燥、食欲低下、不眠など様々な症状を引き起こすうつ病ですが、原因はなんなのでしょうか。
よく言われるのがストレスを抱え込んでしまうと言われますが、このストレスにも種類があります。まずは人間関係や仕事などで起こる精神的ストレス、身体の歪みなどからくる構造的ストレス、栄養の過剰や不足などによるストレス、温度と湿度、気圧のストレス、大きく分けて4つのストレスが日常生活に存在します。ストレスが多いと交感神経と副交感神経の働きが乱れ、「自律神経の乱れ」につながります。「自律神経の乱れ」とは通常ならば副交感神経が働かなければならない時に交感神経が働いてしまい、交感神経が働かなければならない時に副交感神経が働いてしまうことをいい、例えば寝たいのに寝れない、日中は動きたいのに眠くて仕方ない、といった症状がでています。この状況が続くと「自律神経失調症」といい、それが悪化することでうつに繋がります。ストレスや疲労、性格や考え方の傾向はうつ病になるプロセスの一つですが、うつ病がなぜ起こるのかという、その原因や発症メカニズムについてはまだ不明です。これまでの研究から脳の中で感情をコントロールしている神経伝達物質である「セロトニン」や「ノルアドレナリン」が十分に機能しなくなることが原因のひとつだと考えられています。
うつ病の対策として、専門の病院にいき医師の診察をうけることやカウンセリング、投薬による治療などを行うことが望ましいですが、それだけでは限りがあります。最初に述べたストレスとなる原因の解消や、うけるストレスの減少をしなければうつ病はよくなりません。また上記の4つのストレスは互いに相互し合っていますので、連鎖を断ち切る必要があります。精神的なストレスは筋肉を緊張させ体を歪めます。体が歪むと感情の抑圧がうまくできず、身体の調子がおかしいとネガティブになりやすくまります。それらを紛らわそうとカフェインを取ったり甘いものを食べたりします。それらは身体を冷やしやすくさせ、身体が冷えると筋肉が緊張します。このように相互しあい、悪循環を生みますので、適度に感情を解放し、我慢や感情の抑圧をしない、ネガティブ思考をしない、そういったマイナスの感情をいだかせるストレスを溜めこまないことが大切と言えます。