安心できる抗うつ剤ジェイゾロフト

うつ病克服のススメ

青空と鳩

うつ病の様々な原因

うつ病になるときはたいてい状況が決まっています。
元気いっぱいの人が突然にうつ病になったりはしません。
ゆっくりとダメージが溜まってゆきある量になった場合に発症することが多くの場合と言えるでしょう。
どんな場合かと言いますと、「何年もかけて準備してきたことが全く無駄になってしまった」「他人の評価が、思いのほか低いものであることに長いこと気が付いていなくて、つい最近気が付いた」「現在非常に厳しい環境下にありきわめてしんどい、そしてその状況が今後も永遠に続くと考えられる」などの場合になります。
つまり大きな無力感に駆られたり、強い自己否定を強要されたりして場合が挙げられるようです。
うつに捕まってしまう人で、責任感が強い人が多いのは、そのような状況に陥った場合にそのことにより受けるダメージがそうでない人よりもはるかに大きいからなのです。
誰でも、失敗が続いたり、ひどく失敗をしてしまうことがあります。
そしてそんな時は鬱な気持ちにはなるのですが、それは一過性のもので終わってしまいます。
責任感の強い人は、状況打破のために自分を責めるので苦しみの無限地獄に陥ってしまいうつが発症してしまうことが多いです。
抗うつ剤が役に立つのはこの時です。
あまり責任感の強くない人は、そういうサイクルには陥ることはあまりなく、いい意味アバウトに考えて、気にしない状態を作り出すことができるのです。
抗うつ剤を飲まなくても鬱になる前に、あまり根拠はないのi、「何とかなるし、なるようにしかならないし」といい意味で居直れることも彼らがよく使う上手な対処法であります。
ただ、責任感の強い人たちはそういうことはなかなか出来ないので苦しいわけです。
自分があの時に違う手を打っていたらとか、あの時の選択は正しくなかったのではなかったとか、次の手を考えるのではなくて、自分のパフォーマンスの正当性をうだうだと検証するので、ますます苦しくなるのです。
仕事で失敗して会社に迷惑をかけたけれども、やめるわけにはいかないしという板挟みで心の病気にかかり結局会社を辞めざるを得ないのがこの病気の人です。
それならば、さっさと元気に会社を辞めて次の会社に移ればいいのですが、金縛りになってしまうのですね。
難しいです。