安心できる抗うつ剤ジェイゾロフト

うつ病克服のススメ

青空と鳩

現代社会が抱える心の病

うつ病は、気分が浮かない、死にたくなるといった抑うつ状態が、ほぼ一日中、長期間にわたって続くのが代表的な症状です。
気分が浮かないことや落ち込むことは、誰にでもありますが、その気分をずっと引きずるのが特徴です。
さらに、眠れないとか、食欲がない、何をしても楽しめない、やる気がないという状態に陥ります。
うつ病の原因となるのは、仕事や家庭でのオーバーワークが続き、身体的な疲労とともに精神的ストレスを受けることや、親しい人の死や大きな事故等に遭遇するなどショッキングな出来事でストレスを受けることが挙げられます。
うつ病は心の病といわれますが、心の問題だけでなく、実際に脳の機能障害が起きている状態です。
脳はストレスの刺激を受けやすく、体の機能をつかさどる自律神経にも影響を及ぼします。
脳がスムーズに働かなくなることで、悲観的になったり、あらゆるものに対して否定的な感情を抱いたり、自分がダメな人間だと考えやすくなります。
それにより、正常な状態なら乗り越えることができるトラブルやストレスにも耐えられなくなり、あらゆる状況がつらくなるという悪循環が生じてしまうのです。
特に以下のような症状のうち、いくつかの症状が丸1日続き、さらに2週間以上ずっと続くといった場合、うつ病の可能性が疑われます。
気分が憂鬱である、何をしても楽しくない、これまで興味があったことも楽しくなくなり、何にも興味がわかないといった場合、イライラして落ち着かない場合が挙げられます。
また、自分に価値がない、生きていても仕方ないと感じたり、自分を責めるような気持になる場合も要注意です。
思考力が落ちて、仕事や家事に集中できないこともあります。
また、自殺願望を生じるなど、死にたくなることもあります。
気分的なことだけでなく、身体的にも症状が現れてきます。
たとえば、食欲がない、体がだるく疲れやすい、眠れない、性欲がないといったことのほか、頭痛や肩こり、胃の不快感や便秘、動悸やめまい、口が渇くといった症状が挙げられます。